アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
July 2014
M T W T F S S
« Jun    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
祝い着

留袖レンタルの内容

留袖を借りるとは言っても、着付けに必要な道具を全て持っている人は少ないと思います。
インターネットでのレンタルサービスでは、留袖や帯は勿論、襦袢や伊達締め、腰ひもなどの着付け用の小物や、草履やバックまで、全て借りることができます。
送料・クリーニング代も含めて3万円程で利用できるので、着物を着なれない人でも気軽に利用することができます。
皆様も、結婚式や大切な行事に合わせて、好きな柄の和装をレンタルして気軽に楽しむことができるこのサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

飾られた着物

メリット等について

 着物をレンタルするメリットとしては、費用を安く済ませられる事や、様々な衣装が着られる事等があります。
着物は購入すると、高価な買物になりますし、それ一着しか着られないです。
  ただ、留袖等を借りて済ませようとする場合には、家紋の問題があります。
基本的には留袖等には家紋が入ります。
しかし、借りた場合にはもちろん家紋は入っていないです。
地域によっては、この点を気にする場合があるので注意が必要です。
お店によっては、留袖等にシールタイプの家紋を貼るサービスを行なっている所もあるので、そういった物を利用するのも一つの方法です。

手軽に和装を楽しむ
「着物」というと、着付けを習いに行かなくてはいけない、お金がかかるといったイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。
従来とは異なり、洋服が主流となった昨今では、普段着として和装を楽しむ人も少なくなりました。
和装を着る機会と言えば、七五三や成人式だけという人も少なくありません。
そんな中で、注目を集めているのが和装のレンタルサービスです。
好きな着物を、好きな時にレンタルすることができるので、手軽に和装を楽しむことができます
着物も借りる時代へ
自分の家族・親戚や、大切な友人の結婚式の時には、着物を着ていきたいものです。
しかし、生活様式の変化に伴い、自分の留袖を持つ人は少なくなりました。
そこで活用したいのが、和装のレンタルサービスです。
振袖や袴だけでなく、留袖も借りることができます。
一から道具を揃えることに比べて、かなり費用を抑えることができます。
町の呉服屋はもちろん、最近ではインターネットでもレンタルサービスを行う店舗が増えてきました。

初詣

着物とは

長着と呼ばれる裾まである衣を着て、上から帯で締めるという着方をします。
 その種類は様々で、男女でも違いますし、未婚か既婚か等でも変わってきます。
ちなみに、結婚式を例にすると、男性の場合には紋付・袴、女性の場合には未婚ならば振袖、既婚ならば留袖が一般的に着用されます。
 日常着であった昔に比べると、現代では着る機会は少ないですが、結婚式のような冠婚葬祭の席では着る場合があります。

レンタルについて
 前述したように、日常的に着る機会が少なくなった事から、最近では自分の着物を持っていない人も多くなってきています。
しかし、場合によっては着なければならない状況になる事もあります。
そんな時に重宝されているのが、専門のレンタル衣装店です。
 具体的なレンタル方法は、まずは店舗を訪れる事から始まります。
店舗で複数ある衣装の中から、試着したりして気に入った物を選びます。
最後に代金を払って手続きは完了です。
衣装をその場ですぐに借りたり、または希望した日に届けてもらうといった選択が出来る場合が多いです。

反物

着る機会

西洋の「洋服」が主流になったことによって、普段から着物を着るという日本人はとても少なくなりました。
しかし、文化として着物は根付いており、「特別な日に着物を着る」というのは珍しいことではありません。
成人式の振袖や袴、結婚式の留袖、七五三などの祝いの日ではよく着られています。
現代では着物を安価に借りれるレンタルショップなどもあり、自分で保有していない人、着付けが出来ない人などでも着物を楽しめる環境があります。